看護師の仕事と育児 両立

看護師の仕事と育児、両立

看護師の仕事。
家庭と育児。

両立させるのは、本当に大変ですよね。

今まさに育児と家事、看護師の仕事を両立して頑張っている方。
これから産休から復職するにあたり、託児所を利用しながら頑張ってみようという方
結婚後の働き方で迷っている方。

色々な方がいると思います。

看護師が退職をする時期、タイミングとして多いものに結婚、出産があります。

実際、子供がある程度大きくなるまでは専業主婦として、家事・育児に専念するという方もいらっしゃいますよね。

でも、これらの時期に退職を考える看護師は少ないと言います。
ほとんどのナースは、退職を考えず仕事を続けるんですね。

子育てをしながら働き続ける

その理由としては、やはり看護師としての仕事が好きだから、と答える方がとても多いんですね。

他には、夫の給料だけでは生活が厳しい!という経済上の理由から、看護師の仕事を続ける方も多いです。

また、ブランクを考えると心配だから、出来ればそのまま退職せずにパートやアルバイトでも良いから仕事は続けたいと考えたという方も多いですね。

ブランク期間は長いほど、復職しにくくなるのは事実です。
だからこそ、産休はするけれど出来るだけ早く復帰したい、と考える方も多いです。

ただ、いずれにしても職場が育児に対して理解があったり、夫を始めとして両親など家族が家事、育児に協力的である場合はやはり仕事は続けやすいですし、(特に夫が)協力的ではない場合には仕事を続けることを途中で断念してしまうこともあります。

出産後、産休明けの看護師の働き方

仕事は続けたいけれど、まだ迷っているという方も多いと思います。

そうした方に参考になるように、出産後、産休明けの看護師の働き方について調べたり、周りから聞いた話をまとめていこうと思っています。

忙しい仕事の代名詞と言っても良い、看護師の仕事。
大変でもやっぱり続けたい、という方が多いんですよね。

中には常勤看護師として夜勤もこなしながら、頑張ってお仕事を続けているナースも

働き方として、夜勤専従看護師を選ばれる方もいます。

【関連記事】育児と両立しやすい?夜勤専従看護師の働き方

ただ、無理は禁物です。

育児と仕事を両立する事は体力的にも、精神的にも負担が大きいと思います。

責任感の強い方ほど、どちらもしっかりやらなくちゃ!と頑張りすぎて、気づいたら限界を超えていた・・・と言うこともあるそうです。

特に常勤看護師として働き続けるのは、本当に大変だと思います。

ですから、出産後はパート看護師として、働き方を切り替えて仕事を続けるという方も多いんですね。

またしっかり働ける状況になったら、常勤看護師として戻る。
そうした選択肢もあります。

病院側としても、雇用形態を変えてでも長く働いてもらう方がメリットがある場合は多いですからね。

そのあたり、働き方に関しては上司と相談されることをおすすめしたいと思います

ほとんどの病院には子育てをしながら働く看護師がいますから、基本的には理解はあると思います。

ただ、看護師の人数や勤務体制などから、必ずしも期待通りに働く事が出来ない場合もあるでしょう。

そうした場合には、より働きやすい職場環境を求めて、転職する事も視野に入れてみても良いのかもしれません。

看護師の仕事と育児、両立して頑張りたい メニュー

看護師の仕事と育児、両立して頑張りたい トップへ
看護師 育児休暇と復帰、復職について
短期・単発バイトでブランク防止